ブランドコンセプト

ブランドコンセプト

  ブランドコンセプト

 

 

 

 

「たくさんの方に大山のすばらしさを堪能していただきたい」

その思いを“大山の温泉施設”というカタチで実現しました。

 

 

 

 

 

 

ご入浴で身体の外から、豆腐・豆乳で身体の内から

健康に寄り添うお店をめざします。

 

 

 

 

 

ブランドストーリー

 

豪円湯院とは

 

 

 

豪円湯院は大山寺参道沿いに位置する日帰り入浴施設です。

元々は「白雲荘」というお宿だった歴史ある建物に温泉をひき、

新たな大山の観光スポットとして生まれ変わりました。

 

 

地下1200mより汲み上げられた源泉は疲労回復や治癒効果が期待できる泉質です。

神秘的な雰囲気の内湯「神の湯」と、四季折々の大山を満喫できる

露天風呂をお楽しみいただけます。

 

 

2018年には1階販売コーナーをリニューアル。豆腐・豆乳の新ブランド“SOY:E”が誕生しました。

豪円湯院が、大山に来訪いただくきっかけの一つになれれば幸いです。

 

 

 

豪円とうふの生い立ち

 

 

 

 

 

江戸時代、大山寺では約3000人ものお坊さんが修行に励んでいました。

仏教の教えで肉を食べることが出来なかった修行僧にとって豆腐は貴重なタンパク源でした。

地元産大豆と大山の天然水で作った豆腐は大変美味しく、

皆に親しまれていたといわれております。

 

 

 

豪円湯院では、そのような歴史のある食材お豆腐を大山によみがえらせ、

昔ながらの製法で作り上げております。

そしてより美味しいお豆腐にするため、研究・改良を重ねております。

 

 

 

鳥取県産高級大豆と酸化還元電位の数値が非常に低い源泉水を使用することで、

まろやかな味となり、とても栄養価の高い豆腐に仕上がっております。

 

 

 

 

1Fの“SOY:Eコーナー”でお持ち帰り用の販売、

2Fのレストラン“神の湯亭”では豆腐の食べ放題(300円)や

食べ放題付きの定食メニューもございます。